二重まぶたを徹底攻略

二重まぶた手術

二重まぶた手術後のアフターケア

今回は二重まぶた手術を受ける際のアフターケアについて紹介していきたいと思います。まず、日頃よりコンタクトレンズを使用している人は、二重まぶたの手術をうける当日に必ずメガネを持参するようにしましょう。

これは、手術当日はまぶたが腫れてしまいますのでコンタクトレンズを着用すると眼球をキズつけてしまう恐れがあるからです。

埋没法や切開法などで違いはありますが、比較的症状が軽いとされている埋没法でも術後は最低でも3日間くらいはコンタクトレンズの着用は控えるようにしましょう。

さらに注意して頂きたい項目をまとめると、術後2から3日は洗顔を控えるようにし濡れタオルなどで拭くようにしましょう、埋没法の場合、慣れるまでまぶたの奥がゴロゴロとした違和感をもちますが、3日間くらいはあまり目をこすらないようにしましょう。

腫れが引くまではタバコや飲酒は極力控え、激しい運動も控えた方がよいとされています。埋没法の手術で瞼板法を選択された方は、比較的簡単に二重ラインの修正が可能ですので、腫れが引いた段階で想像していた仕上がりと大きな差がある場合は施術をしてもらったクリニックに相談してみましょう。保証の範囲内で再手術をおこなってくれる可能性があります。

もし、切開法での手術を考えている人は、術後5から7日くらいで抜糸を受けないといけませんので、その分のスケジュールもしっかり計算にいれておくことを忘れないようにしましょう。