二重まぶたを徹底攻略

二重まぶた手術

埋没法(瞼板法)

二重まぶた手術の種類の1つに埋没法というものがありますが、この埋没法にも種類があります。今回は埋没法の1つである瞼板法(けんばんほう)について説明していきたいと思います。

瞼板法は、一般的に広く行われている手術法で、多くの美容外科クリニックなどで行われているのがこの方法で、糸を直接瞼板に通すことで皮下組織を固定することで二重まぶたを作り出します。そのため、手術後は慣れるまで目にゴミが入ったようなゴロゴロする違和感をもつ人も多いようです。

瞼板法のメリットとしては、手術自体が比較的簡単にできるところでしょう。そのためなるべく負担の少ない方法をと考える人には最も合っている方法だとも言えます。また、瞼の皮膚が少ない人に向いている手術法だとも言われています。

逆にデメリットとして代表的なのが二重のラインが取れやすいという点です。これは、糸を縛る強さが不十分であった際に皮下のやわらかい組織が切れてしまうのが原因ではないかと言われています。

二重ラインがとれてしまうと再手術をしないといけませんので、この時に保証期間を過ぎてしまっていると実費となります。さらに深刻なのが縫合糸が露呈している状態である為、その糸が眼球を傷つける恐れがあるということです。

そのため、瞼板法は行っていないというクリニックもあるほどです。瞼板法を簡単にまとめると、とても簡単で身近な二重まぶた手術法だとも言えますが、それだけデメリットも多く存在するということです