二重まぶたを徹底攻略

二重まぶた手術

埋没法(挙筋法)

二重まぶたの手術といえば、切らずに済み手軽で費用も安い埋没法が人気です。最近プチ整形という言葉をよく耳にすることがあると思いますが、この埋没法が主流となり生まれて言葉だとも言われています。

しかし、埋没法で多くのクレームが生まれているとも言われています。今回は埋没法の1つである挙筋法をわかりやすくメリットデメリットなどを含めながら説明していきたいと思います。

挙筋法とは、上眼瞼挙筋とまぶたの皮下組織を糸で固定することでキレイな二重ラインをつくりだす方法です。もう1つの埋没法である瞼板法と比較すると二重のラインがとれてしまう確率が少なく、眼球を傷つける可能性も低いとされています。

おおよその平均施術時間は10分程度と短時間で終わり、切開法と比較すると格段に低料金で抑えることが出来ます。このようにメリットの部分が多く取り上げられる挙筋法ですが、もちろんデメリットとされている部分が無い訳ではありません。

代表的なデメリットとしては、技術的に難易度が高く、糸の固定が適切でないと二重のラインがはっきり出ない上に、糸の結び目が上手く埋没することで出来ずに二重のライン上でしこりができることもあります。逆に強く固定しすぎると眼瞼下垂気味になってしまいます。

このように瞼板法と比較すると挙筋法が高い技術が必要とされており、挙筋法を取り入れていないクリニックなども多数あるようです。挙筋法を行っているクリニックは医師の技術に自信があるという風にも受け止めることができますので、是非検討する際にはクリニック選びの目安にしましょう。