二重まぶたを徹底攻略

二重まぶた手術

二重まぶた手術の種類

二重まぶたの整形術には大きく分けると2種類の方法があります。1つ目の方法が埋没法です。この埋没法という術式の1番の特徴は切らずに出来るという点です。

まぶたの裏側から糸を使いまぶたを引っ張ることで二重まぶたを作ります。メスなどを使用することもありませんので、施術費用も安価で済みますし、施術時間も10分程度で終了します。

さらに、もし術後に修正をしたい場合なども糸の長さを調整するだけで比較的簡単に幅や長さの調整が可能です。もう1つの方法として挙げられるのが切開法です。この切開法は文字通りメスなどを使用することによって、二重まぶたのラインにあわせ切開し、まぶた部分の余計な脂肪などを取り除き、皮膚の表面と裏側の組織を縫合する方法です。

埋没法のように気軽にやり直しが効かない点や術後の腫れがでることもあります。さらに埋没法と比べると施術時間と費用も負担が大きくなりますが、メリットとしては1度施術すると元に戻りにくいので、埋没法を実施したがすぐに元に戻ってしまうという方にはオススメだといえます。

この埋没法と切開法ですが、これらの術式もさらに細かく分類されており、埋没法なら瞼板法や挙筋法、切開法なら目頭切開法や目尻切開法などのように患者さんの希望に最も近い術式を用いておこなわれます。

どちらの術式を選択するかは、最終的にはあなた自身が決めることですが、納得ができるまで専門医によく相談することをオススメします。