二重まぶたを徹底攻略

二重まぶたの基礎知識

二重まぶたは遺伝?

インターネットサイトなどで、一重まぶたや二重まぶたが遺伝するのか、という話題をよく見かけることがあります。この疑問については紹介されているサイトなどでも遺伝するという考え方と遺伝はしないという考え方が真っ二つに割れているようです。

これほど、意見が分かれる原因の1つに両親が二重まぶたなのに生まれてきた赤ちゃんが完全な一重だったりすることは珍しいことではなく、そういったことが遺伝しないという意見を多く生んでいる可能性があります。

遺伝するか、しないかの結論は明らかにされていませんが、日本での考え方で多いのは遺伝するという意見です。ですので、両親が二重まぶたであれば生まれてくる赤ちゃんも二重まぶたになる可能性が高く、両親が一重まぶただと当然赤ちゃんも一重まぶたになる可能性が高いということになります。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは一重まぶたで生まれてくることが多く、その後、成長の過程で自然と一重まぶたや二重まぶたになっていくことが一般的です。1歳を迎える頃には一重と二重の区別がはっきりわかるようになるそうです。

さらに遺伝するという考え方を裏付けるのが、日本人や中国人などの東洋系には一重まぶたが多く、おおよそ50パーセントの確立だそうで、それに対しアメリカやヨーロッパなどの白人や黒人には一重まぶたは極めて少ないのだそうです。

このような理由からも二重まぶたなどは遺伝する可能性が高いという風に言われています。